FX取引

成行注文あるいは逆指値注文を行った時に生じることがある、注文レートと約定レートとの差のこと。一般にスリッページの幅は1~5銭となることが多く、一般に指定したレートより安く売る、あるいは高く買うことになる。

指値注文とは逆で、「円高になったら売る」か、または「円安になったら買う」場合に使う。自分なりのロスカットルールを作りたい時に設定すると便利、例)1ドル=120円で買った

ペア(ぺあ)FX取引では、キャピタルゲイン(ロス)のほかにも、スワップポイントとスプレッドが利益・損失に影響します。スワップポイントは、保有する通貨に対して発生する利息。中長期取引ではキャピタルゲインと並ぶ利益源になります。

オリンピックなど世界規模のイベントが開催されるまでの3ヵ月間だけ開催国の通貨を取引して、為替差益を得る。このようにFXは、外貨預金と違って満期がない分、自分の投資シナリオに合わせた取引が楽しめるのだ。

FX取引” への1件のコメント

  1. こんにちは。これはコメント例です。
    コメントを削除するには、ログインしてその投稿のコメントを表示させてください。そこでコメントを編集したり削除したりすることができます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>