銀行には外国為替取引

さらに、銀行には外国為替取引の顧客がいて、その顧客の依頼にもとづいて売買を行なうことも多い。銀行のディーラーにとっての「守秘義務」には、当然、この顧客取引も含まれる。
 
3つだけを選りすぐってチャート上に表したものなのです。この3つとは私かし、優雅に糸を垂らしてノンビリするような「待つ釣り」は性に合いません。あちこち釣り場を変え、仕掛けを変え、竿を何本も出す「忙しい釣り」です。
 
外貨の「買い」も「売り」も可能なので、円安局面でも円高局面でも収益チャンスがある!レバレッジなど、FX固有の手法をつかうことによってどんな局面でも資産形成の機会になりうるなら取引できる通貨ペアが豊富なため、
 
ポジションを短期で持てば、予測の確度も上がり、逆に予測が間違ったとしても損失を小さく抑えられることも可能です。しかし、中長期ベースでポジションを持った場合は、そうは行きません。

FX取引

成行注文あるいは逆指値注文を行った時に生じることがある、注文レートと約定レートとの差のこと。一般にスリッページの幅は1~5銭となることが多く、一般に指定したレートより安く売る、あるいは高く買うことになる。

指値注文とは逆で、「円高になったら売る」か、または「円安になったら買う」場合に使う。自分なりのロスカットルールを作りたい時に設定すると便利、例)1ドル=120円で買った

ペア(ぺあ)FX取引では、キャピタルゲイン(ロス)のほかにも、スワップポイントとスプレッドが利益・損失に影響します。スワップポイントは、保有する通貨に対して発生する利息。中長期取引ではキャピタルゲインと並ぶ利益源になります。

オリンピックなど世界規模のイベントが開催されるまでの3ヵ月間だけ開催国の通貨を取引して、為替差益を得る。このようにFXは、外貨預金と違って満期がない分、自分の投資シナリオに合わせた取引が楽しめるのだ。